血圧を下げる方法は?なんで血圧が高くなる?


もしかして、あなたも・・・

高血圧と言われて、対策をしているけど、思うように下がってくれない?

年も年だし、健康の為にもそろそろ本格的に考えていきたい。

できれば簡単な方法を知りたい!

このような事で悩まれていますか?

それであれば、このサイトはあなたの役に立つはずです。

なぜなら、こちらでは・・・

血圧を下げる方法をお伝えしているからです。

なかなか血圧が思うように下がらないとお悩みのあなた!

この機会に正しい知識を学び健康管理を行いましょう。


はじめに・・・


そもそも、なぜ高血圧がいけないのか?

特に体も異常があるように思えないし・・・


実は、このように思われる方って少なくありません。

ですので・・・

「自分は大丈夫なのでは?」

このように勘違いしてしまう人が多いんですね。

もちろん、この状態が長く続くと危険です。

そこで、先ずは、何でこの状態がいけないのか?

基本的なところから解説しましょう。


放置してはいけない理由とは?


なぜ、高血圧を放置してはいけないのか?

その一番の理由ですが・・・

この症状が続くことで、引き起こされる病気が数多く存在するからです。

特に会社の健康診断や人間ドッグなどで高血圧と診断される人は多いでしょう。

そして、その半数以上が30代以上の人に該当すると言われています。

基本的に血圧を下げる方法としては・・・

食生活の改善や運動を行うこと!

これが最も大切なことになりますl。

また、病院での治療になると、医師の判断により、降圧剤といった薬を処方されることもあるんですね。

この場合には、長期に渡り、薬を飲み続けなければいけません。

では・・・

そのまま放置していたり、不摂生を続けていたらどうなるのか?

医師の画像

酷くなってくると、動脈硬化などの大病を引き起こしてしまう場合もあります。

動脈硬化というのは、加齢になれば多少なり誰でも起こるんですね。

しかし、高血圧患者の場合は、その進行が早くなると思ってください。

この状態を放置してしまうと・・・

脳出血・脳梗塞・心不全などを発症することもあります。

他にも、場合によっては、糖尿病になることもあるでしょう。

酷くなれば、人工透析が必要になることも・・・

そうなってしまえば、週に3日は病院に行かなくてはなりません。

その他にも、様々な合併症を発症する事も考えられます。

多少高いとしても、特に体に症状が現れるものではありません。

ですが、放置すると、様々な病気を引き起こすリスクが高くなってしまいます。

では、血圧を下げる方法としては、どんな対策をしていけばいいのか?



血圧計で測る習慣をつけよう!


血圧を下げる方法や対策にも色々あります。

先ずは、日頃から自分の血圧はどのくらいあるのを把握しておくことが大事です。

そのためには、家庭用の血圧計を用意してノートにその数値を記録する必要があります。


手軽なのは血圧手帳を用意して、記入していくのがいいでしょう。

ネットで検索するといくつかありますので、使いやすそうな物をダウンロードしてください。

※オムロンのページから使いやすそうなものがありましたのでリンクしておきます。
印刷して使ってみてください。⇒血圧記録表

記入の仕方ですが、毎日、朝と夜、同じ時間帯に記録しておくことが大事です。


正しい測り方について!


血圧計の画像

次に測り方ですが・・・

  • 朝起きてから1時間以内で食前に測る

  • 夜は寝る前に測る

  • 腕は机などに乗せて心臓と二の腕が同じ高さで測る

  • 巻く強さは指が2本はいる程度にする

  • 測る前2〜3分は動かずリラックスする


これらの事に注意して測るようにしましょう。

それと、特に血圧と言うのは安定しないものと覚えておいてください。

なので・・・

血圧計を巻き、2〜3分は、そのまま動かないでリラックスするようにしましょう。

毎日、記入していけば、下がったのか上がったのかがわかります。

ノートや手帳に記録して、確認することが大切です。


血圧を下げるための基礎知識!


血圧を下げる方法としては、基本的に・・・

食事の見直しや運動が重要なポイントになります。

もちろん、この病気だけに限った話ではありません。

生活習慣病やダイエットでも同じようなことが言えます。

不摂生が続けば、血圧が上がるリスクも高まりますし、肥満になったり、糖尿病になってしまう恐れもあるんです。

ですので、健康を維持させる為にも食事の見直しや運動を続けることが重要になります。

日頃から食生活の見直しや運動を実践すると言う事は、血圧を下げる方法にもなるわけです。

ですので、健康を心配されている方は、この機会に生活習慣を見直すようにしましょう。


食事で気をつけること!


食事の画像

血圧を下げる方法としては、食事の見直しを行うことは重要です。

食生活が乱れてしまえば、メタボにもなりますし、成人病にかかりやすくなりますからね。

ですのでバランスの良い食事を薄味にして適量食べるように心がけましょう。

・バランスの良い食事というのは!
肉ばかり食べるのではなく、魚や野菜もしっかりと食べると言うこと。

・適量と言うのは!
腹八分目に抑えることが大事ということ。

・塩分を控える!
なるべく薄味するようにします。

つまり、食べ過ぎや飲みすぎはダメということになります。

また、塩分の取り過ぎも注意してください。

塩分を多く摂ってしまうと血圧が高くなってしまいます。

なので、味の濃い物はなるべく控え、薄味に慣れなければいけません。

ちなみに・・・

高血圧患者の方は、塩分摂取量は、1日、6g以下と推奨されています。

なので、どんなに多くても10g以下に抑えておくようにしましょう。

今では、減塩レシピなども色々とあるので工夫するようにしてください。

減塩ができるようになると徐々に血圧も下がっていきます。


どんな運動がいいのか!


次に、血圧を下げる方法としては、運動を行うのも効果的です。

ただ、運動は苦手と言う方もいるでしょう。

ですが、特に激しい運動をやる必要はありません。

お勧めするのは、ウォーキング程度の軽い有酸素運動です。



なるべく毎日、30分から1時間ぐらい行うのが理想になります。

血流を良くさせることは、血圧を下げる方法に繋がります。


また、ディスクワークをしているような方は注意が必要です。

椅子に座っている時間が長いと血流も悪くなり血圧も上がりますからね。

ちなみに、仕事の合間にできることって何があるかと言うと・・・

  • かかと上げ運動

  • スクワット

  • 背伸びをするストレッチ

  • カラダひねるストッチ


これらを行うことでも血流が改善され対策になります。

つまり・・・

普段から食事に気をつけて、なるべく体を動かすようにすること!

これが高血圧の予防と対策には、重要なポイントなので覚えておいてください。

もちろん、数日行ったからと言っても、効果はありません。

毎日、続けることが大事です。

先ずは、健康の為にも出来るところからは始めてみましょう!

 



具体的な対策とプログラム!


高血圧が心配とお悩みのあなたへ!効率よく血圧を下げる方法があります。

多くの方々が改善に成功!!

今度こそ本気で下げたい方は以下の方法を試してみてください。