●TOP > 高血圧の予防と対策 > 玉ねぎで予防する!

玉ねぎって予防と対策になるのか?


玉ねぎの画像

高血圧の予防と対策にも、様々あるわけですが、
今回は、「玉ねぎ」に注目してみました。

実際に、玉ねぎは、予防や対策になるのかどうか?

どのようにして食べるのがいいか?


などを解説していますので、血圧が高めの方は、ぜひ参考にしみてください。


効果的に玉ねぎを食べるには?

高血圧の対策と予防には、玉ねぎが効果的ですので、
日頃から積極的に取り入れていきたい食材の1つです。

玉ねぎは、高血圧の他にも、血糖値を下げてくれる働きもありますので、
健康に良い野菜となっています。

食べ方としては、生の玉ねぎをスライスして食べるのもいいのですが、
辛みがあって苦手だと言う人もいます。

そんな人は、カレーライスであったり、お味噌汁などに入れるようにすれば、
美味しく食べることができます。

また、玉ねぎは、調理法も多くありますし、
様々な食材との相性が良いいので、色入りと応用が効きますね。

しかし、そんな玉ねぎも注意しなばいけないこともあります。


玉ねぎを食べる上で注意すること!

高血圧の予防と対策を考えて玉ねぎ食べる場合には、注意することもあります。

何かと言うと、それは・・・

玉ねぎを水にさらさないことです。

水にさらすことで玉ねぎの効能がなくなってしまい、
高血圧の対策と予防にはなりません。

人よっては、生のサラダで食べたりしますが、辛いからと言って、
水にさらしてしまうんですね。

つまり、そのようにしてしまうと、効果が半減するということです。

ちなみに、味噌汁などの場合では、汁に玉ねぎの成分が含まれるので、
この場合は、特に問題ありません。


効果的に玉ねぎを食べるには?

さらに効果的に玉ねぎを食べるのであれば、
玉ねぎの皮をむいて、ベランダなどで1週間ぐらい干すようにするといいです。

そうすることで、ケルセチンと言った玉ねぎの有効成分が増えるので、
より効果的になります。


また、効能としては、血管年齢も若返ったり、
ダイエットや美肌効果も期待できますのでぜひ取り入れたい食材です。

玉ねぎを上手に取り入れて、健康的なカラダを目指してくださいね。