●TOP > 高血圧の予防と対策 > 睡眠について

なぜ睡眠が大事なのか?


ベッドの画像

もし、あなたが高血圧なら、改善させる為にも食事の見直しや運動不足の解消など、
生活習慣などを改善させることが大事です。

もちろん、生活習慣は、それだけではありません。

その他にも睡眠も見直す必要があります。

今回は、睡眠の重要性について解説していますので、
血圧が高くて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。



高血圧と睡眠の関係は?

高血圧の予防と対策には睡眠が大切です。

海外のある研究によると・・・

睡眠不足の人は高血圧になる可能性が高くなる

このような研究結果が発表されています。

通常、睡眠中は、脳も休んだ状態ですので、
血圧は日中の起きている時と比べると低くなっています。

ところが、睡眠不足が続いてしまったり、
睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害がある場合には、
寝ていたとしても脳が勝手に覚醒しています。

そうなると、脳が覚醒している為に、寝ているにも関わらず、
血圧は低下しないで高血圧になってしまうと言うわけなんですね。

それに、夜間や早朝に血圧が高いような人は、注意が必要で、高血圧が原因で
脳卒中や脳梗塞などを引き起こす可能性が6倍も高くなると言われています。


要するに、高血圧の予防と対策には、十分な睡眠を摂らなければいけないと言う事です。

忙しい時など、睡眠不足が続いたような後は、よく睡眠を摂るようにして、
身体を休ませるようにしましょう。

ちなみに睡眠時間は、最低でも6時間は必要です。

できれば、7時間ぐらいは摂りたいところですね。

また、9時間以上睡眠を摂るのも健康を害する恐れがあるので、
寝過ぎも注意してください。


睡眠の質は、高血圧の予防と対策に大切なことですので、
日頃から意識するといいと思います。