HOME・TOP > 予防と対策 > 高血圧を改善しないとどうなってしまうのか?

改善しないとどうなる?


健康診断などで自分が初めて高血圧であったことを知った人も大勢います。

でも、普通に生活していて、特に体も異常がないので、
別に大丈夫だろうと勝手に考えてしまう人も少なくありません。

そもそも、なぜ高血圧がいけないのか?

改善しないとどうなるのか?


これらについて解説していますので、血圧が高めの人は参考にしてみてください。


改善しないと・・・

高血圧だと診断されても、生活習慣を改めない人も多いようです。

ですが、その状態を放置しておくのは非常に危険ですので、
高血圧だと診断されたなら、はじめに生活習慣を改善してください。

では、高血圧をそのまま放置した場合はどうなるのか?

それは、動脈硬化を起こしてしまいます。

この動脈硬化ですが、血管が硬くなり、血液の流れが悪くなってしまいます。

すると、さらに血圧が上がりやすくなるので悪循環です。

また、次のような病気を併発する可能性もあります。

医師の画像・脳梗塞
・脳出血
・くも膜下出血
・心肥大
・狭心症
・心筋梗塞
・腎障害
・糖尿病


など。

この病名を聞いただけでも、恐ろしくなってしまいますよね。

動脈硬化が進行してしまい、場合によっては、脳梗塞や脳出血、
くも膜下出血など脳の病気を引き起こす危険性もあるんです。

もちろん、このような病気を引き起こしてしまえば、
即、命に関わりますし、助かったとしても後遺症が残る場合もあります。

そして、心肥大や狭心症、心筋梗塞など、
心臓の病気の発症する可能性もあるんですね。

さらに腎障害であったり、糖尿病にも注意が必要になります。

つまり、高血圧をそのまま放置してしまうと、
このような重大な病気を引き起こす可能性が高くなるってことです。

高血圧が軽度であれば、生活習慣を改善することで、
多くは、血圧も安定していきます。

また、自分で判断するのではなく、早目に病院にいくことです。

そして、あなたに合う方法で治療を行いましょう。