HOME・TOP > 予防と対策 > 高血圧の種類について!本態性高血圧と二次性高血圧とは?

種類について!


高血圧にも種類があるってご存じだったでしょうか?

こちらでは、高血圧の種類について解説していますので参考にしてみてください。


どんな種類があるのか?

高血圧の種類ですが、大まかに別けると以下の2つ分ける事ができます。

医師の画像それは・・・

・本態性高血圧

・二次性高血圧


この2つです。


本態性高血圧

先ず、はじめの本態性高血圧ですが、こちらは遺伝や生活習慣などが
大きく関係していると思ってください。

日本の高血圧患者の9割がこの本態性と言われています。

ですので、生活習慣が乱れていて、高血圧のようなら、
本態性高血圧の可能性が極めて高いでしょう。

対策としては、生活習慣の改善が必要です。

食事の見直しや運動不足を解消、塩分を控えるなど注意してください。


二次性高血圧

次に、二次性高血圧ですが、これは何らかの病気や薬などの影響で発症します。

原因を突き止める必要があるのですが、病気を治療や、
薬を変更することで高血圧が改善する可能性が高いとおもってください。

二次性高血圧を発症させる可能性が高い病気には・・・

・腎臓の疾患
・褐色細胞腫
・クッシング症候群


これらがあるようです。


その他

大まかには、上記の2つの種類があるのですが、その他にもまだあります。

例えば、白衣高血圧、仮面高血圧、早朝高血圧など。

白衣高血圧と言うのは、自宅で計測しても問題がないのに、
病院で白衣を着た人を見ると血圧が高くなると言うものです。

その逆に、仮面高血圧の場合、病院で測ると正常値だけど、
日常生活では血圧が高くなるというものです。

また、早朝高血圧は、その名の通りなのですが、
朝だけ血圧が高くなる高血圧のことになります。

もちろん、これらも、そのまま放置してよいというわけではありません。

自分は大丈夫と勝手に判断しないで、医師に相談するようにしてください。

具体的な対策とプログラム!


高血圧が心配とお悩みのあなたへ!効率よく血圧を下げる方法があります。

多くの方々が改善に成功!!

今度こそ本気で下げたい方は以下の方法を試してみてください。