●TOP > 高血圧の予防と対策 > 飲酒や喫煙は悪い?

飲酒や喫煙は悪いのか?


タバコとアルコールの画像

飲酒や喫煙は、血圧にどのような影響があるのでしょう。

やはり、高血圧の人は、止めた方がいいのか?

このように思っている人もいますが、
高血圧を改善したいなら、止めた方がいいでしょう。

ここでは、飲酒や喫煙の関係について考えてみましょう。



飲酒や喫煙について・・・

もし、高血圧の状態が続いているようなら、
今すぐにもで、タバコは止めるべきです。

なぜなら、タバコにはニコチンと言う有害物質が含まれていますよね。

このニコチンが体内に入ってしまえば、血圧を上昇させるホルモンが分泌され、
交感神経が働き、血圧が上がってしまうからです。

そして、タバコが原因で血管が傷つき、動脈硬化や狭心症、
心筋梗塞など、これら病気を発症させやすいから喫煙した方がいいです。

ただ、どうしてもタバコが止められないと言う人や
何度も禁煙が失敗したなんて人もいますよね。

そんな場合には禁煙外来に行くのがいいと思います。

医師によるサポートがあれば、タバコを止められる可能性が高いですからね。


飲酒に関しては?

飲酒に関してですが、こちらは、適量であれば問題ないとされています。

もちろん、過剰に摂取してしまえば高血圧を発症させたり、
悪化させるきっかけになりますので注意が必要です。

適量であれば、健康にも良いと言うデータもあるので、
なるべく、節酒することをお勧めします。

ちなみに、適量ですが、ワインだったらグラスで2杯、
ビールの場合はジョッキ1杯、日本酒の場合は1合が目安ですので、
この量を守れば大きな問題はないでしょう。

高血圧を改善させるため、また、健康を守ると言う意味でも、
禁煙や節酒するようにしましょう。