HOME・TOP > 予防と対策 > 薬で高血圧を改善するのは良くない?

薬で改善するのは良くない?


病院で高血圧と診断されると降圧剤が処方されることがあります。

しかも、薬が一旦処方されるようになると長期に渡り飲み続けるようになります。

ただ、生活習慣の改善により、血圧が正常値になっていけば、薬を止めることはできますが、多くは薬に頼ることになるんですね。

では、薬で高血圧を改善するのは良くないのでしょか?

これは考え方にもよるのですが、できることなら薬に頼らないで治すことをお勧めします。

※医師の判断により早急に血圧を下げなければいけない危険な場合は、処方された薬を服用しなければいけません。


薬の画像




簡単な高血圧対策ならコチラ!





では、なぜ薬で高血圧を改善するのが良くないのか?

その理由としては・・・

・薬に頼り過ぎてしまうため
・根本的な解決にはならないため
・副作用があるため


これらがあるからです。


薬に頼り過ぎてしまうため

薬を服用すると血圧は安定していくので高血圧の人にとっては安心なのかもしれませんね。

ですが、そうなってしまうと生活習慣を見直そうとはしないで薬に頼ってしまうようになります。

生活習慣を見直すことが高血圧の治し方と言う事を覚えておきましょう。


根本的な解決にはならないため

また、薬の場合、あくまでも一時的に血圧が下がるだけなので、薬を飲み続けても根本的な解決にはならないんですね。

なので、高血圧そのものを治したい場合は、薬に頼らない方がいいわけです。


副作用があるため

そして、薬には副作用があるということも忘れてはいけません。

血圧は下がったとしても、副作用に悩まされたりしますので注意が必要です。

副作用としては・・
動悸や頭痛、めまい、顔の紅潮、発疹、脱力感、倦怠感、眠気、不眠、ほてり、食欲不振、吐き気、むくみといったものが代表的な副作用になります。

このような理由から薬だけに頼るのはいけないと言う事です。

根本的に高血圧を治したいなら、生活習慣の見直しを行うようにして、それでも血圧が下がらない場合は、もしかしたら別の病気が関係していることもあるので、医師と一緒に原因を探すようにしてください。

具体的な対策とプログラム!


高血圧が心配とお悩みのあなたへ!効率よく血圧を下げる方法があります。

多くの方々が改善に成功!!

今度こそ本気で下げたい方は以下の方法を試してみてください。