●TOP > 高血圧の予防と対策 > 遺伝するものなのか?

遺伝するものなのか?


なかなか血圧が下がらないと悩んでいる人もいますが、もしかしたらそのような人は遺伝が関係しているのかもしれません。

そこで、このページでは、高血圧と遺伝の関係について考えてみたいと思います。


遺伝するもの?

そもそも、高血圧って遺伝するものなのでしょうか?

これは、100%必ずと言うのではありませんが、遺伝する可能性はあります。

具体的な数字を挙げるとするなら・・・

母・父 共に高血圧なら・・・50%ぐらい

どちらか片親の場合は・・・30%ぐらい


このぐらいの確率で遺伝するのではないかと考えられているようです。

しかし、これって体質が遺伝するだけですので、親が高血圧と言っても、その子供が絶対に高血圧になるとは限ならいということなんですね。

それで遺伝よりも注意しなければならいのが生活習慣になります。

健康に関することは、やはり生活習慣と大きく関わるので見直すことが大事です。


親子は、普通、同じ家の中で生活することになるので、どうしても似たような生活習慣になることが多いんですね。

もし、両親が塩分を料理ばかり作っていたら、その子供は、自然と塩分を多く摂取することになってします。

また、両親が運動嫌いな場合は、やはりその子供も運動が嫌いな傾向があります。

つまり、遺伝するというより、高血圧の両親と同じような生活習慣を送ることがいけないってことです。

もし、あなたが血圧が高くで、子供に遺伝しないか心配されているなら、子供の生活習慣に気を遣うようにすれば、子供が高血圧を発症するリスクが低くなります。

逆にあなたの両親が高血圧の場合は、今一度、生活習慣を見直すようにしてください。

1・塩分の多い物ばかり食べていないか?

2・運動不足ではないか?

3・食べ過ぎや飲みすぎていないかどうか?


これらを改善するだけでも、血圧は下がっていくはずです。

それと血圧が気になるなら、毎日の血圧を記入してくようにすれば、高いのかどうかがはっきりしまので、毎朝、毎晩、一日に2度ぐらい血圧を測りノートに記入しましょう。

それで、思うように下がらなかったら、上記の3つのポイントを見直すようにしてみてください。